投稿者「スタッフ」のアーカイブ

コレ知らない? 人間が1日で23000Repも行っている運動について!

 

Dr.トレーニングスクール講師兼運営の東田です!

最近コロナウイルスの影響が少しずつ減ってきたことで

東京出張に来る知人とかなり多く会っていてウエイトコントロールが難しいこの頃です。

僕の場合はウエイトコントロールにかなり有効な「HIIT」をほぼ毎日行ってコントロールしています!

 

では本題へ! 

「人間が1日2.3万Rep行っている運動」とは?

Rep=回数です。

この数字を見てトレーナーの方はピンと来たかもしれませんが

「呼吸」のことです。

 

 

ただ違和感ある方も多いのではないでしょうか?

「呼吸が運動?」と。

運動という表現があまり受け入れ難い方も多いでしょうが、呼吸は運動です。

 

例えば、歩くことは運動ですよね?

歩くとは股関節、膝、足関節の筋肉(特にハムストリングスや大殿筋、腓腹筋)等が働くことで前方に重心移動出来る運動です。

 

 

呼吸は運動

 

呼吸とは「横隔膜」という筋肉がメインとなって働くことで起こる運動です。

多くの方は1日に2.3万歩も歩くことはないでしょうが、呼吸はこの回数を行います。

皆さんにとって身近な歩くよりも多く回数(Rep)を行っている運動です。

ではその回数の多い呼吸にエラーが出てるとどうなると思いますか…?

 

 

そう、慢性痛として有名な「腰痛」「肩コリ」を誘発します。

上記の写真にある「深呼吸」は近い現代までとてもカラダに良いこととして言われてきました。

 

深呼吸ってカラダにいいの?

 

●深呼吸のカラダの状態として

・手を大きく広げてバンザイ

・腰を大きく反らせる

・顎が上がって上を向く姿勢

上記のようなものでしょうか。

こちらのカラダの状態では先程お伝えした呼吸のメインである「横隔膜」は機能不全(働きにくい)になります。

 

●そうなると副(サブ)呼吸筋である

・胸鎖乳突筋

・斜角筋

・胸筋郡

・前鋸筋

・広背筋

・脊柱起立筋

が優位に働きます。

 

これらは副呼吸筋ですので簡単に言うと頑張りすぎない方が良いです。

 

深呼吸での弊害

 

胸鎖乳突筋、斜角筋、胸筋郡、前鋸筋 →猫背、肩コリを誘発

広背筋、脊柱起立筋 →反り腰、腰痛を誘発

これらを優先的に使用する呼吸を「異常呼吸」と言います。

 

深呼吸を一概にダメと言っている訳でないですが

上記のようなリスクがあると言うこと、そして呼吸が崩れると慢性痛を誘発するということを覚えていただけたらと嬉しく思います✨

Dr.トレーニングスクールではこの2.3万回も行っている運動の呼吸から

カラダを良くしていくカリキュラムも最近は多く取り揃えております!

 

 

学ぶなら今!

まずは相談からでも受けてみてくださいね!

 

Dr.トレーニング スクール運営兼講師

東田雄輔

NSCA-CPT

NASM-PES

JATI-ATI

IASTM SMART TOOLS

コレはキタ!パーソナルトレーナーが紹介する肩こり解消の為の筋肉

季節も変わり、だいぶ涼しくなってきましたね✨

夏の暑さからもう少しで快適な気温になろうとしてます。

快適なのは気温だけで良いんですか?

パーソナルトレーナーであればお客様の身体も快適にしましょう!

 

 

という事で…

「パーソナルトレーナーが紹介する肩こり解消の為の筋肉」

 

あ、Dr.トレーニングスクール講師兼運営の東田です!

パーソナルトレーニングも月70回前後行ってます!

 

肩こりというと

「肩甲骨を動かしましょう」

「胸の筋肉が硬いので背中が丸まってます」

「肩の筋肉がデスクワークで固まってます」

コレばっかりですよね。

もちろん間違いはないですし、人の身体に絶対はないです!

ただ、「面白くない」ですよね。

なので今回は別の切り口から筋肉を紹介していきます!

 

前鋸筋

 

前鋸筋は写真のように肋骨から肩甲骨に付着している筋肉です。

 

起始:第1~9肋骨の外側面

停止:肩甲骨の内側縁

作用:肩甲骨の外転、肩甲骨を胸壁付近に保持

 

特に大事なのがココ!

 ー 肩甲骨を胸壁付近に保持 

何が言いたいかというと肩コリで悩む多く方が「猫背」です。

その猫背の状態になると肩甲骨は胸壁(肋骨)からドンドン遠くにいってしまいます。

皆さんぜひ猫背をやってみてください。

そうすると写真のように肩甲骨が胸壁(肋骨)から離れます。

 

Q.では、どうするか? 

 

A.前鋸筋を働かせる! 

 

前鋸筋は多くの人が不活性(使えてない、活動していない)筋肉です。

オーバーヘッド系(野球、テニス、ラグビー等)アスリートでないとそこにフォーカスして鍛えるということもないかなと思います。

だからこそ、鍛える必要があります!

キャット&キャメル 

目的 前鋸筋のアクティベーション(活性化)

Step1 四つん這いになる

Step2 息を吐きながら地面を手で押して背中を丸める

Step3 吐ききったら姿勢を戻す

 

注意点

※肩が上がらないように(肩甲骨挙上)

※骨盤もしっかり丸める(骨盤後傾)

 

紹介している写真は実際のスクールの実技動画で説明しているものです。

肩コリで猫背なのに背中丸めるの?

と思われることも多いですがただ丸めるのではなく「全力」で丸めます!

普段背中を丸めて仕事や生活をされている人ほど難しいのでチャレンジしてみてくださいね‼

そしてパーソナルトレーニングで実践を!

 

今回は肩コリ改善の筋肉として前鋸筋とその種目のキャット&キャメルを紹介しました。

前鋸筋って初めて聞いた!

もっとトレーニングの勉強したい!

トレーナーとしてスキルアップしたい!

そんなあなたはぜひDr.トレーニングスクールで一緒に学びましょう✨

 

Dr.トレーニング スクール運営兼講師

東田雄輔

NSCA-CPT

NASM-PES

JATI-ATI

IASTM SMART TOOLS

Dr.トレーニングスクール 7,8期生が卒業されました!

皆さん、どうも✨

パーソナルトレーナー養成スクールである

Dr.トレーニングスクールで講師を努めている東田雄輔です!

 

 

昨日、1月よりスクールに通い始めた7期生、

4月よりスクールに通い始めた8期生が卒業をされました✨

コロナウィルスの影響で延期になったり、通う環境が大変だったりされましたが

全員最後まで通い続けることが出来てました!

本当にその継続力と意志力素晴らしいです。

 

 

僕ら講師は来ていただいてトレーナーの知識、技術をお伝えしたり、

毎回の授業を如何に楽しく、充実した時間にしたり

することでしかスクール生の皆さんの支えにはなれないかもしれません。

 

ただその中でも

 「一人前のパーソナルトレーナーになりたい」

 「トレーナーを仕事にしたい」

 「自分のトレーニングのクオリティを更に上げたい」

という想いで最後までやり抜いていただいた皆さんには感謝の気持ちで一杯です。

 

 

また今回は史上最高で生徒さんの満足度が高かったです✨

その中からいくつか抜粋させていただきます!

 

ー 「専門知識の豊富さ、質問したことに対して150で答えが返ってくる」

 

ー 「元々トレーナー経験があったが、それでも新しい知識をたくさん獲得できかつ講義中に指導練習などでアウトプットできるよでスキルアップ になった」

 

ー 「同じような目標を持った仲間やいろんな講師陣と出会うことができ、新しい繋がりができ毎回スクール通うのが楽しかった」

 

ー 「入校前の久田さんとのやりとりが自分の就活での自信につながったりしたので満足しています!」

 

ー 「スクールのことを丁寧に教えてくださったので安心して入校することができました」

 

本当にありがたい限りです。

スクールの運営責任者の久田、講師陣でしっかりサポートできたことが嬉しいです。

 

スクール生の皆さん

卒業はほぼスタートみたいなものです‼

これからの皆さんの活躍を願ってます✨

 

そしてスクール卒業者限定のフォローアップセミナーも毎月行っていきますので

ぜひご参加くださいね!

このような言葉はおかしいかもしれませんがw

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

 

Dr.トレーニング スクール運営兼講師

東田雄輔

NSCA-CPT

NASM-PES

JATI-ATI

IASTM SMART TOOLS

メジャリーグで指導経験有 林がセミナーへ登壇✨

皆さん、こんにちは✨

パーソナルトレーナー養成スクールである

Dr.トレーニングスクールで講師を努めている東田雄輔です!

 

先日トレーナーエージェンシー様主催のセミナーへ弊社トレーナーの林が行ってきました!

 

●トレーナーエージェンシーについて

→トレーナー養成スクール選びや、求人情報までまとめて解決出来るサイト

 

●林の自己紹介

https://drtschool.jp/instructor

 

セミナー内容「Dr.トレーニング研修現場に潜入!」

今回は通常であれば一切公開していない

Dr.トレーニングの研修で行っている内容を今回に限り公開をさせていただきました!

弊社Dr.トレーニングは多くの就職希望者の入社の理由として

「研修制度の充実」と言われることが多いです。

実際この研修制度が充実していることで

それを基に改良したものが弊社のスクールのカリキュラムです。

ではそのセミナーの紹介です!

 

パフォーマンスとは?

という問いから、トレーナーであれば誰もが見たことのある

「パフォーマンスピラミッド」を紹介。

そしてそのフェーズごとの説明や

その能力を高める実技種目の紹介まで行ってます✨

 

例えば、ピラミッドの一番下にある

「POSITION」の場合

関節を安定させる「スタビリティ」

関節を動かす  「モビリティ」

という能力が大切です。

 

下記の写真は林が疲れて休んでいるのではなく

上記の「POSITION」を整えるエクササイズですw

 

林はアメリカのプロのアスリートのトレーニングを担当していた経験から、今は一般のアスリートではないお客様から国内のトップで活躍するアスリートまで幅広く担当をしております!

その林からの情報とあって参加者はひとつひとつの情報、実技での動作に釘付けでした✨

 

セミナーはオンライン、オフライン両方で多くの方にご参加いただきました✨

参加者の中には弊社のスクールに興味のある方も多く居たため

運営の久田も登壇しスクールの内容やDr.トレーニングの紹介等もさせていただきました✨

参加いただいた皆さんありがとうございました!

学んだこと、得たヒントを現場や自身に活かしていっていただけましたらと思います!

来月もセミナーをございますのでぜひご参加ください✨

 

Dr.トレーニング Web責任/スクール講師

東田雄輔

NSCA-CPT

NASM-PES

JATI-ATI

IASTM SMART TOOLS

トレーニング指導で鍵になる!? 〈小脳について〉

 

皆さん、こんにちは✨

パーソナルトレーナー養成スクール

Dr.トレーニングスクールで講師を努めている東田雄輔です!

 

最近のマイブームはカフェラテです。

 

カフェラテ 〈エスプレッソ+ミルク〉

の組み合わせで普段はブラックの僕はミルク分の糖質、脂質を食事から少し引いてます。

ちなみに「ラテ」はイタリア語で「ミルク」を指します。

ひとつ学べたあなた、ぜひ続きをw

 

トレーニング指導で鍵になる!? 〈小脳について〉

それでは本題です。

皆さん「小脳」とは何かご存知でしょうか?

 

コレっす!

 

記憶に大事なのかな?

何か筋肉を動かすのかな?

小さいからあまり重要ではないのかな?

等々、あると思います!

 

まず、小脳とは脳のひとつの部位であり、

脳全体の 1/10ほどの大きさの小さな部分ものです。

 

小脳の特徴

・脳の後方部に位置し、左右ある

・重量としては120~140g

・ニューロン(神経細胞)は脳全体の50%‼

 

ニューロン(神経細胞)は脳全体の50%

これビックリじゃないですか!?

大きさは脳全体の 1/10で重量もめちゃくちゃ軽いので神経細胞の量は脳全体の半分です!

つまり、「重要な役割を担っている」ということです!

 

 

小脳の重要な役割とは?

 

小脳の主な機能は

「知覚と運動機能の統合」 です!

いやー、難しい…

日本語かよw

 

って思うヒトも居ると思うので簡単に

「カラダを動かす際に環境や状況に適応して微調整をしてくれる」 です!

コレは運動、いや生活をする上でどんな時にも重要な機能です!

またコレには平衡感覚(バランス)も含まれます。

 

そしてもっと深く言うとこのような調整には

「大脳基底核」という部分も重要になってます。

 

・カラダが思うように動かせない

・常にカラダ、筋肉が緊張している

・バランスを崩しやすい 

 

という方、もしくはクライアントにそのような方がいる場合は

この小脳や大脳基底核が不活性、不活動、機能不全を起こしている場合があるかもしれません。

 

 

小脳の不活性は現代人の課題であり、

弊社スクールでも取り扱うことが多いです。

またじきに紹介しますね✨

それでは👋

 

Dr.トレーニング Web責任/スクール講師  東田雄輔

NSCA-CPT

NASM-PES

JATI-ATI

IASTM SMART TOOLS

 

ボディメイクで失敗しない筋肥大の方法! 〈スクール内容一部公開〉

皆さん、こんにちは✨

パーソナルトレーナー養成スクール

Dr.トレーニングスクールで講師を努めている東田雄輔です!

 

 

暑く? 熱く?

なってきましたね!

男性の皆さん、夏にはタイトめなTシャツを着て自慢の筋肉を見せつけたりしているのではないでしょうか?

またそれを目指す皆さん、朗報です!

筋肥大を目標にトレーニングしている方、

パーソナルトレーナーを目指す方にとって今回は大事なブログです✨

 

 

ボディメイクで失敗しない筋肥大の方法!

最近では様々な情報が良くも悪くもWeb、SNSで拡散されており、

どの情報を信じて良いのか、情報の取捨選択が難しくなっている印象です。

その中でパーソナルトレーナーとして需要の多い「筋肥大」について解説していきます!

 

物理的刺激

物理的刺激とは、

簡単にいうと重量での刺激を与えて筋肥大を促す方法です!

物理的刺激が加わると筋肉はその状態に対して「適応」をする働きがあるので

筋肉を大きくしたり、筋力を高めたりしようとします。

その結果筋肥大が加速するんです!

 

物理的刺激でのトレーニング方法として

・高重量 (1RM 80%以上)

・エキセントリックの負荷をしっかりかける

 

オススメな種目は

・伝統的な高重量を扱える種目

・コンパウンド(多関節)種目

どんな種目が合っているかは上記を参考に実践してみてください✨

 

化学的刺激 

科学的刺激とは、

簡単にいうと乳酸を蓄積させて筋肥大を促す方法です!

こちらは物理的刺激とは真逆のようなトレーニング方法で、

重量ではなく、回数多め、休憩少なめの乳酸を蓄積させることが重要です!

 

学生の時に永遠スクワットをしたり、ダッシュをした経験は皆さんはありますでしょうか?

あの時に脚が動かしたくても動きにくい状況ではなかったでしょうか。

あれが乳酸が蓄積した状態です。

 

 

乳酸が蓄積することで・・・

成長ホルモンの分泌が高くなったり

筋の細胞が酸素濃度が下がったり

このようなことが筋の同化、つまり筋肥大を促進します!

 

化学的刺激でのトレーニング方法として

・軽重量で回数多め (15~20回程)

・筋から負荷を絶えず逃さない

 

オススメな種目は

・ケーブルやマシン等の負荷が逃げにくい種目

・アイソレーション(単関節)種目

こちらも熟考、実践していただけたらと思います✨

 

Dr.トレーニングスクールでは

更にもうひとつ生徒の皆さんに紹介をしておりますが今回のブログでは以上とします!

気になる方は下記よりまずはお問い合わせいただけましたらと思います!

 

それでは👋

 

Dr.トレーニング Web責任/スクール講師

東田雄輔

NSCA-CPT

NASM-PES

JATI-ATI

IASTM SMART TOOLS

 

パーソナルトレーナーの仕事内容とは? 

皆さん、こんにちは✨

パーソナルトレーナー養成スクール

Dr.トレーニングスクールで講師を努めている東田雄輔です!

 

弊社スクールの方がありがたいことに毎日のように問い合わせをいただいております。

地方なのでオンラインという方、転職で東京、関東近郊でチャレンジしたいという方

皆さん、チャレンジ精神があって僕等としてもかなりやりがいがあります!

 

その問い合わせで聞かれたり、現生徒にも多く質問を受ける

「パーソナルトレーナーの仕事内容」について本日はお話したいと思います。

 

 

パーソナルトレーナーの仕事内容とは?

 

当たり前に前提として「パーソナルトレーニング」です!

パーソナルトレーニングはご存知の方も多いですが

トレーナーとお客様が1対1でマシン、自重トレーニング、ファンクショナルトレーニング等を用いて主にカラダを変えていくサービスのことです。

 

そのパーソナルトレーニングに付随して以下のような仕事内容もあります。

 

トレーニング以外の業務

・トレーニングレポート作成

トレーニングの内容(回数、重さ、セット数)や健康状態をまとめているモノです。

 

・お会計や予約の管理 

弊社の場合は都度払いなので毎回のお会計はトレーナーの仕事ですね。

予約に関しては指名の場合はお客様と相談して通いやすい日時の空いている所を予約します。

 

・清掃

最近はコロナウィルス対策が重要ですのでアルコール除菌他、清掃の徹底を。

弊社ではお客様間だけでなく、営業前後にもお客様に快適に利用してもらうための

項目をリストアップし、清掃を行っております。

 

 

以外と多かったでしょうか?

パーソナルトレーナーは専門職ですが、サービス業ですのでトレーニング以外にもお客様の為にやることは多く存在します!

 

次に、パーソナルトレーニング以外の仕事についても紹介します!

※こちらは私、東田のキャリアも独断と偏見で含ませております

 

パーソナルトレーナーだけどパーソナルトレーニング以外の仕事

 

・専門学校 非常勤講師

トレーナーを目指せる専門学校は多く存在し、そちらで講師もすることも可能です!

実際僕は約3年間、都内の専門学校で講師をしておりました。

 

・社内育成トレーナー

最近ではどのトレーニングジムでも研修制度が以前よりも充実しているように感じます!

良いことですね!

その研修制度を実行するトレーナーになることで自身の知識、技術を会社全体に還元することも出来ます!

 

 

・社内トレーニングスクール 講師

弊社のようなスクールを開講しているジムですとこのような仕事内容もあります。

未来のトレーナー、更なるスキルアップを目指すトレーナーに対して講義をする時間は僕にとっても貴重な時間です✨

未経験からでも3~5ヶ月後に「現場で活躍」出来るトレーナーになってます!

 

 

以上、

パーソナルトレーナーの仕事内容について多岐に渡って紹介をさせていただいきました。

トレーナーの職業を本気で目指す皆さんの参考になれば嬉しいです!

 

それでは👋

 

Dr.トレーニング Web責任/スクール講師

東田雄輔

 

NSCA-CPT

NASM-PES

JATI-ATI

IASTM SMART TOOLS

解剖学と言えばこの男。 講師紹介、見なきゃ損! 

皆さん、こんにちは✨

パーソナルトレーナー養成スクール

Dr.トレーニングスクールで講師を努めている、東田雄輔です!

 

講師紹介もあとひとりとなりました!

レッツゴー✨

 

解剖学と言えばこの男、武田駿平講師とは・・

 

 

活動歴
・Dr.トレーニングスクール講師
・パーソナルトレーナー
・新スタッフ研修担当
・専門学校 非常勤講師

学歴

大阪リゾート&スポーツ専門学校

 

保有資格

・JATI-ATI

・NSCA-CPT

 

エビデンスを基に、一人一人の身体の状態を深く考え続けトレーニングを提供し、

「一生モノの身体づくり」をサポートします。

今現在、弊社スクールに加えて、新スタッフの研修、専門学校の非常勤講師等行なっています。
トレーナーとして、解剖学や機能解剖学などの基礎的な知識の必要性を伝える為に、自分自身の勉強も欠かせずに研修や講義を行う。

 

武田講師よりコメント✨

こんにちは!
Dr.トレーニングスクール講師の武田です!

この度は、Dr.トレーニングスクールのブログをご覧頂きありがとうございます!
他の講師の紹介や、トレーナーとしての知識の部分もブログでは記載してありますので、そちらも併せてご覧頂ければと思います!

解剖学や機能解剖学などの基礎的な知識を毎日のようにアップデートしつつ、呼吸やストレッチなどの分野も得意です1
特に機能解剖学に関しては、どのカテゴリーでも必要な分野であり、トレーナーの中にはエクササイズなどの部分に目を向け、あやふやになってしまっている方もいるように感じていました。

機能解剖学の面白さ、必要性を分かりやすく伝えつつ皆さんが普段手をつけないような部分まで、簡潔に使える知識として伝えていければと思います!
皆様とお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

 

 

皆様、いかがでしたでしょうか?

とまあDr.トレーニングスクールは個性の集まりのトレーナー陣です!

ぜひお楽しみに✨

 

そして、東田、武田は同じ学校の先輩、後輩ですw

たまに勉強会をやってますが最近は行えてないのでそろそろ再開しようと目論んでおります。

またその報告もこちらのBlogやトレーニングスクールの生徒さんにはシェアしていこうと思います✨

 

それでは👋

 

Dr.トレーニング Web責任/スクール講師

東田雄輔

NSCA-CPT

NASM-PES

JATI-ATI

IASTM SMART TOOLS

講師紹介✨ スクール講師と店長を担うこの男。

皆さん、どうも✨

パーソナルトレーナー養成スクール

Dr.トレーニングスクールで講師を努めている

東田雄輔です!

 

 

さあ、早速講師紹介いってみましょう!

 

佐々木 孝平 講師とは・・

 

活動歴
Dr.トレーニングスクール講師
Dr.トレーニング三軒茶屋店 店長
パーソナルトレーナー

学歴

帝京大学医療技術学部スポーツ医療学科

保有資格

・NSCA-CPT

・JATI-ATI

 

大学時代はラグビー部のトレーナー活動を行い、選手のサポート、コーチとの連携を担当。
主に、怪我をした選手のリハビリやケアをサポートしつつ、実際のスポーツ現場で学ぶ。

 

 

佐々木講師からのコメント✨

現在は三軒茶屋店で店長をさせていただきながら、

毎日スタッフのみんなと楽しく仕事をさせていただいております!

 

スタッフ紹介

 

 

スクールへの想い

今は簡単に情報が手に入れられる時代です。
何が正しいか、分かりにくくなっています。
そんな今だからこそ正しい知識や現場からの声をお伝えし、自分のものとして実践できる知識とスキルをお伝えできればと思います!

「本気で変わろうとする人を本気でサポートしたい」
という自分の思いを持ってサポートさせていただきます!!🔥

 

皆様、いかがでしたでしょうか?

店長として現場でパーソナルトレーニングを数多く実施している佐々木講師は

臨床の経験も多くリザルト(結果)ベースの知識も多くあります!

 

「現場で活躍するトレーナーに」

そんな想い溢れる生徒をDr.トレーニングスクールでもお待ちしております✨

 

次回は僕の後輩でもある「解剖学オタク」を紹介します。

乞うご期待。

 

Dr.トレーニング Web責任/スクール講師

東田雄輔

.

NSCA-CPT

.

NASM-PES

.

JATI-ATI

.

IASTM SMART TOOLS

パーソナルトレーナーで知らないとマズい「感覚神経」とは?

 

皆さん、こんにちは✨

パーソナルトレーナー養成スクール

Dr.トレーニングスクールで講師を努めている東田雄輔です!

 

Dr.トレーニングでは「シンクロ率」というメソッドから

筋肉 × 神経 × 心肺機能 

上記、3つの要素からカラダを効率的に向上させます。

 

パーソナルトレーニングの目的が

パフォーマンスアップ・ダイエット・健康促進・リハビリ等どれに対しても、

この「シンクロ率」が上がれば、身体は劇的に変わります。

 

 

筋肉 × 神経 × 心肺機能 

皆さんに馴染みがないのはどれでしょうか?

おそらく「神経」かと思います。

今回はその「神経」についての深い内容をお話します!

 

運動に大切な「感覚神経」とは?

感覚神経とは運動神経と共に体性神経のひとつです!

 

 

①感覚神経 (SENSORY)

五感を通して得た情報、刺激を中脳に伝える役割

②運動神経 (MOTOR)

大脳皮質から発せられた司令をカラダの各部位に伝える役割

 

こんな難しい言葉で書くなよ。

分かってます。

1つの例をご覧ください。

 

感覚感覚を皆さんに理解してもらう為に

 

 

皆さんも

本日一度は触れているであろうスマートフォンです。

このスマートフォンを操作する時にも感覚神経と運動神経が利用されます。

つまり、スマートフォンの画面に表示される文字、ボタン、キーボードがどこにあるのか?

を、感覚神経(特に視覚と触覚)によって把握し、

その情報をもとに運動神経によってスマートフォンを操作する。

 

人間はこちらを絶えず無意識下で行っております。

ただ、こちらの感覚神経ー運動神経の役割を崩してしまう状況があります。

それは「まずは安全かどうか?」です

 

感覚神経、そして動作に重要な「安全確保」について

先程のスマートフォンの操作について通常の場合(自宅、職場、電車の中)、

文字を打つ、何かのアプリを使う等は可能かと思います。

では、状況を変えます。

ー 歩きスマホをしていたら野生のゴリラに遭遇した場合

ー バランスボールの上に立って満点のスマイルで自撮りをする場合

 

皆さん、このような状況で通常の場合(自宅、職場、電車の中)と

同じようにスマートフォンの操作が出来るでしょうか?

おそらくほとんどの人の場合それは容易ではないでしょう。

では、なぜか?

それは「安全確保」が出来ていないからです。

 

野生のゴリラと遭遇した時、バランスボールの上に立った時

安全ではないですよね。

それどころかスマートフォンを投げ出して、

どうゴリラから逃げるか、バランスボールに立つか考えますよね。

つまり人間は感覚神経によって感じる「安全確保」が

出来ていない場合、出来ない状況の場合運動神経による「動作企画」、運動の司令を制限してしまいます。

 

・トレーニングでダイエットを成功したい

・スポーツのパフォーマンスを上げて活躍したい

・正しいカラダの使い方を覚え、慢性痛を改善したい

そんな皆さんには「安全確保」が大事です!

 

Dr.トレーニングスクールで獲得出来るパーソナルトレーニングテクニック

 

まず「安全確保」という面で環境設定は大事です!

今回は例として、ゴリラとバランスボールに立つを挙げましたが

そのようなカオスな状況はないと思いますが「いかに安全、安心かどうか?」が大事です。

 

また実際のエクササイズですと、

不安定な片足のエクササイズやカラダ全身を意識して動かすファンクショナルトレーニング等は、時として「安全確保」を妨げ、

動作が思い通りに出来なかったり、変な所に力が入る(肩が上がる、手の指に力が入る)恐れがあります。

 

パーソナルトレーニングは運動初心者の方や、○年ぶりの運動という方も多くいらっしゃいますので、その方にピッタリの、きつさ、難易度、種目等をオーダーメイドで組むことが大事です。

 

そうすることで「安全確保」が可能となり、

運動神経による司令での正しい動き、適切なフォーム、効率的なトレーニングが可能です。

Dr.トレーニングスクールのカリキュラムでは単にトレーニングフォームや注意点を覚えるのではなく、このような部分まで細かく学ぶことが可能です。

 

今回は弊社メソッドであるシンクロ率の1つである

「神経」について深くお話をしていきました。

このような形でシェアすることで1人でも多くの方が

カラダに対しての興味が増えたり、運動をするきっかけになれば嬉しく思います。

 

それでは👋

 

Dr.トレーニング スクール講師

東田雄輔

NSCA-CPT

.

NASM-PES

.

JATI-ATI

.

IASTM SMART TOOLS